こんばんはIIで、ナレーションをしていただいた
 大竹しのぶさん よりコメントをいただきました。


友人に誘われ、夜間中学一筋で教員をし、退職された見城慶和先生が行っている
「えんぴつの会」の授業に伺ったのが15年前のことでした。
 あの時の見城先生の優しいお顔や生徒さんたちのキラキラした楽しそうなお顔を、
私は今でも思い出すことができます。自由で、温かく、涙が出るほど素敵な時間でした。
 「こんばんはU」では、学ぶことによって手にすることができる希望。学ぶことによって、
人生がどれほど豊かになるかということ。そして、教育を受けることが決して当然では
なくなっている実態。いろいろなことを考えさせられる映画になりました。
 今後、全国各地に夜間中学が設立され、学べる人たちが一人でも多く増えることを
願ってやみません。そして、明日への希望の授業をずっと支えて下さっている見城先生を
始めとする全ての方々に、心からの敬意を表します。